ACEレンタル

DIY

SANSUI AU-D707F 修理失敗

更新日:

オークションでサンスイのオーディアンプ AU-D707F を購入。使用を誤って発煙し、メインアンプ基板の抵抗が焼損しているもの。これを承知で格安で落札。

1979年頃の発売とあるので、40年前のものです。はたして動かせるのだろうか。。。

早速送られてきました。丁寧に梱包されています。

AU-D707F
AU-D707F

早速開けてみます。大型のトランス、コンデンサ、ヒートシンクが格好いいです。40年にしてはホコリの堆積も少なく、大事にされていた様子がうかがえます。

AU-D707F
AU-D707F

Lchが焼損したとのことで、確かに抵抗が焦げています。一旦基板を取り外して調べます。

AU-D707F
AU-D707F

ヒートシンクを外します。シリコーンがべた付くのがうっとうしい・・・

AU-D707F
AU-D707F
AU-D707F
AU-D707F

裏側を見るとパワートランジスタが見えます。左右のチャネルで型番が違います。よく見ると初段の-FET部なども交換した形跡があります。

年代を考えれば仕方がありませんね・・・

AU-D707F
AU-D707F

テスタで当たると、Lchの最終段はエミッターコレクタがスルーで焼けつながったと思われます。前段の電圧増幅トランジスタも同様。

結局トランジスタ6個を交換。セメント抵抗も死んでいたので交換。

AU-D707F
AU-D707F
AU-D707F
AU-D707F
AU-D707F
AU-D707F

さて、交換が完了しテスタでチェックして問題なし。ということで再度シャーシに収めて電源投入・・・・

すると今度は R-chから煙が・・・・

それはないよな・・・ と思いながら しばらく茫然・・

過去何度も修理されていそうな基板の様子から見て、きっとほかにも怪しいところがあるのだろうと判断し、これ以上の深追いは断念しました。

ただ、プリアンプは生きているみたいなので、これを使って次の手を考えます。

改造編へ つづく。

-DIY
-, , ,

Copyright© PureStrike たかさんのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.